【WEB内覧会】扉はすべて新しくしました・・・高かったけどね

WEB内覧会というかパーツの話。

先日の無垢フローリングと同じで結構お金がかかってるのでまとめてご紹介します。

WEB内覧会と言いつつ、内装材の話。あまり悩まず、無垢板のフローリングにしたのでなかなか記事にもなってなかったですね(^_^;)ナラ材 無垢...

スポンサーリンク

我が家の扉の紆余曲折

今回悩んだ点は、既存のものを生かすかどうか。

うちの場合、間取りを大きく変更していないので扉が必要な6ヶ所の内、4ヶ所は既存を生かせる位置にありました。

画像加工用

生かすと言っても最低限の枠だけで、扉は造作にしようかと思っていました。

IMG_1927

既存はこんな感じ。

枠も扉も茶色で、ゴールドの取っ手がついていました。

もし扉だけ造作するとガラスの有無や表面材によって違いますが、フラッシュ扉で1枚当たり3~5万円くらい。

(建具屋さんに直接頼んで安くて3万円前後。リフォーム会社を通すと2割増しくらいにはなるかな。)

最初の希望

当初リフォーム会社に伝えた扉の希望は、

 ・2ヶ所は枠だけ作ってもらう

 ・4ヶ所は既存の枠にシートを張ってもらう

 ・扉は造作で施主支給

としていました。

リフォーム屋さんの回答

しかし、今回お願いしたリフォーム会社はデザイン性のあるリノベーション会社ではありません。

 ・扉は基本的に既製品を使ってほしい。

 ・造作の扉の枠はかなり高くなる。

とのこと。

最初からこういう風に言ってくる場合、普段やっていないため、自信がなくやりたくない というのが多いです。

枠くらい、普通だったら簡単に作れるのですが。。。

でもやったことのない職人、自信のない職人にやらせるのはかなり不安です。

しかも違う納まりの扉枠が混在する状態。

この会社ではうまくバランスが取れない、と判断し、180度方向転換!

枠ごとすべて新しい扉にすることにしました。

工事中

使いまわしですが、扉をすべて取り換えることになったので、こんな感じの半スケルトンになったんですね。IMG_1974

予算の関係上、これは予定外でした(^_^;)

壊さなかったのは躯体側の壁下地とトイレの壁くらい。

あ、既存のフローリングもそのまま残して上から張ってます。

出来上がり

IMG_2332

基本はすべてこちらのパナソニック ベリティス

色は漆喰ホワイトにしました。

既製品の中では断トツの納まりできれい。

扉の質感も漆喰っぽくて無地のツヤツヤしてないのが好みでした。

予算より高かったけど(^_^;)

他社製品だとツヤツヤした面材か、木目調の白か、そういったものが多かったです。

実際にサンプルを見ないと分からないですね。

ちなみに既製品で良かったことは扉の閉まり具合!

閉める時に一気に閉まるのではなく、ゆっくりと優しく閉まってくれます。

これが標準だからありがたいことです^^

他のパターンとして

IMG_2464

開き戸。

どうしても引き戸にできなかったトイレとWICの扉はこうなりました。

取っ手がイマイチだけど許容範囲です。

IMG_2326

あとは単体の写真を撮り忘れている、リビングの入口の扉。

右側にチラッと入っているやつです。

これだけオーク調の框戸っぽいものにしました。

発注の直前に変更したので心配でしたが良い雰囲気でした^^

お金の話

このパナソニック ベリティス、普通の既製品のものよりは高いです。

でも漆喰ホワイトのような白くて質感のいい扉は他社にはなかった!

つや消しの白、貴重です!

で、お金ですが、普通の引き戸や開き戸は枠の新設、設置費込みで7万円~7万5千円程度。

洗面所は中の照明の明かりが見えるように四角い窓があって8万4千円。

リビングの扉はガラス入りで8万3千円。

だいたい定価そのままが商品代金+設置費といった所でしょうか。

高いか安いか・・・私は扉の予算をあまり見ていなかったので高く感じましたが、それでも全部変えて良かったです♪

毎日のことなので、見た目と使いやすさは重要でした!

何かの参考になれば。

ランキングに参加中です♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする